読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三姉妹ママの暮らし日記

三姉妹がいる兼業主婦 シンプルにゆとりのある生活を目指します

アリから教えてもらった夫婦の働きかた

先日テレビで見たのですが、アリの集団は何割かが働きアリで、残りはほとんど働いていないそう。

 

なんと一生に働くことなくおわるアリもいるそうなんです。

 

なんだか一部の働きアリだけが頑張っていて非効率な気がしますが。

 

テレビでは、このあと子供たちがアリになりきって実験していました。

 

ひとつのグループは全員が働きアリとなってエサを集めます!

 

 

もうひとつのグループは、本当のアリのように一部のアリだけ頑張って、あとは働きません。

 

 

すると、全員が働いている方は、最初はみな元気にエサを集めるけど、途中から全員が疲れちゃって完全にペースダウン。

 

一部だけ働くグループは、最初こそこつこつ少しずつ集める感じでしたが、最初から働くアリが疲れちゃったころに、今まで休んでいたアリが働き始めたりして最後まで細々と頑張り続けることができました。

 

 

結果は働かないアリがいるグループの方が多くのエサを集められたのです。

 

 

⭐⭐

 

人間の夫婦ももしかしたらアリのような働きかたでいいのかもしれません。

 

 よほど体力の有り余った人でなければ、子供がいる夫婦がずっと全力で共働きをしていたら、いつかどちらも疲れて共倒れになってしまいかねない。

 

 

ひとりが頑張って働いて、もうひとりは仕事に関しては余裕を持たせる分、家事や子育てをじっくりできる人がいる方が、結局うまく回るような気がします。

 

 

 

今は主人は仕事中心の生活。

 

子供が起きる前に出て行き、寝てから帰るので、家事も帰ってから手伝ってくれたりもしますが、普段の子育てと家庭の中のことは基本的に私がすべてしています。

 

 

ただ父親が必要な場面では出てきてもらい、主人に聞いておきたいことの相談はします。

 

娘たちが小さい頃、私の仕事が職場への勤務中心だったときには、なんとかして一緒に家事もしようとケンカもしながら頑張っていましたが、どちらも両方頑張らなきゃいけなくなってしまって二人とも疲れていました。

 

 子供が熱を出して休むとなると、子供が辛いところなのにどうして私ばかり休まなきゃいけないの、と思ってみたり。

 

 

今は私が短時間、家で働くだけで残った時間にはしっかり主婦業をする。

 

そのかわり主人には頑張ってもらう!

 

と、割りきってしまってからの方が、お互いに気が楽になりました。

 

それぞれ自分が優先することがはっきりしたので、主人は仕事、私は仕事するけど家庭のことに専念することかできます。

 

在宅なら、誰かが熱を出して部屋で休ませながら仕事もできます。

 

 

それに私自身があまり体力がある方じゃないので、在宅にすることで体の方も楽になったかも。

 

 

 

こんな感じで体力的にフルタイムで外での仕事がとてもできそうにないので、働きながら主婦業もやっている人は本当にすごいと思います。

 

 

 いろいろな夫婦の働きかたがあると思いますが、うちはこの形が家族を犠牲にせずに仕事も楽しんでうまくいっているように思います。

 

 

 自分が無理していて余裕がないな、と感じたときには、仕事が大事なのか、家族が大事なのか、なんのために仕事をしているのか、ときどきちょっと振り返ってみるのもいいかもしれません。