読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三姉妹ママの暮らし日記

三姉妹がいる兼業主婦 シンプルにゆとりのある生活を目指します

【こどもと旅行】富山、高山一泊旅行

1ヶ月ほど前のことになりますが、家族で富山と岐阜へ旅行に行きました。


3人子連れでも、わりとスムーズだったので、そのポイントも一緒に残しておきたいと思います。




車で行きました。





出発は朝早く(6時半ごろ)、まずは富山へ。


朝ごはんは車内で家で焼いたパンを食べました。



これで子供たちのテンションアップ↑




富山には三時間ほどで到着。




射水市のきときっと市場でお昼ごはん。




f:id:yoshikamama:20160531105743j:image




海鮮丼は、やっぱり海が近いだけあって新鮮。




朝早かったので、お昼は11時ごろに入れました。



私たちが食べ終わるころには、お店が満席になっていたので、早めに入って正解。





食事のあとには近くにある海王丸パークへ。




f:id:yoshikamama:20160531110104j:image




海が見える広い公園、三女がたくさん歩きました。



そのあとには魚津市にある、蜃気楼が見えるというスポットに行ってみたけど、天気が悪くなったので見れず(^^;


立山を眺めながらのドライブとなりました。この間にこどもたちはお昼寝。



そしてホテルのある富山市へ。



行ってみたかった、富山環水公園。



世界一美しいと言われるスタバ。




f:id:yoshikamama:20160531110157j:image



混んでて中には入れなかったけど、ガラス張りの明るそうなスタバでした。


公園そのものも美しく、その公園に溶け込んでいました。



気持ちよく散歩できる公園。



ここでもみんなで散歩して、三女も頑張ってたくさん歩きました♪





公園ばかり行きましたが、やっぱり子供が一番安心して楽しめるのが公園。



大人も普段とは違う景色をゆっくり眺めることができます。







そしてホテルへ。


ここでも疲れる前に早めにチェックイン。



浴衣が選べたのですが、早かったからたくさん柄のバリエーションが残っていました♪



お風呂は高台から眺める景色がきれいな露天風呂がありました。




食事は海の幸がたっぷり。



f:id:yoshikamama:20160531110552j:image


そのあとはまったり過ごして9時には寝ました。






2日目も早起き。


私はひとりで露天風呂に行きたい執念で、5時半にお風呂へ行きました(笑)




おかげで、早めに出発できて、岐阜高山の白川郷へ。



f:id:yoshikamama:20160531111144j:image



一度見てみたかったので。



散歩するだけでも子どもは楽しそう。



ここは観光地なだけあって、いろんな国の人もたくさんいました。



そしてお昼過ぎに出たころには外は大渋滞、駐車場にも近づけないぐらいで、こちらも早めに来てよかったと思いました。



午後からは高山の町をブラブラ。



食事は朝のホテルでお腹いっぱいだったので、お昼はぬかしておやつの時間に、帰りの空腹に備えてうどんを食べました。




お土産を少し買って。



f:id:yoshikamama:20160531111648j:image



f:id:yoshikamama:20160531111656j:image


お土産は、本当にあげたい相手のもの(今回は実家)、食べ物、普段使うものしか買わないようにしています。



旅行中は財布の紐も、思考も緩むので(^^;
最初から決めておくと迷いませんね。





帰りの高速はさすがに渋滞。




もうちょっと早かったら違ったかもしれないけど、いつも混むポイントのようなので、諦めました(^^;



それでも、この旅行は小学生、幼児、1歳児の3人連れていたわりにはスムーズだったのは、



  • 出発時間、食事時間、帰る時間、すべてを早くしたことで、ほとんど混雑に合わなかった。
  • 時間を早めにしたことで、子どもたちが疲れる前にホテルや自宅に帰れたから調子を崩さずに済んだ。
  • お昼寝できるように移動したり、食事時間も日常と変えないようにしたら、これも子どもの調子を崩さずに済んだ。
  • 公園や、たくさん歩ける広い場所に行って、子どもが気兼ねなく体を動かして楽しめた。

早めの行動、公園のような子どもが自由に動ける場所を選ぶことが、こちらの負担も少なくすみました。


あと、行き先が、公園と白川郷、高山の町、だったので、入場料は何も払ってません。


食費、ホテル、高速代、お土産だけですみました。




ホテルの食事だけは、楽しみのひとつなのでケチらずいいものをいただきました!



今回は地元の食事と景色、のように、楽しみにするものを絞って、あとは無駄がないようにすると、後々の満足度が高く、いい思い出になります♪